アルバイトにも税金が

 

多くの学生がアルバイトをしていますが、アルバイトでも税金がかかってくるということをご存じでしょうか?アルバイトでも月々の給料が88,000円以上ある場合は源泉徴収が行われることになっていますので、既に税金を納めている人も多いと思います。
しかし、源泉徴収されていることさえ知らない人がほとんどで、そのままの状態になっているのではないですか? 源泉されていることも知らずに、そのままにしていては、実は、とても損をしている可能性があります。
源泉徴収されている税金は所得税なのですが、所得税は年収が103万円未満の場合は課税されません。
ですから、アルバイトの給料が1年で103万円に満たない場合は、源泉徴収された税金は全額戻ってくるのです。
源泉されている税金は大した金額でなくても、そのままにしておくのは、とても勿体ないことです。


源泉徴収は、1ヶ月に88,000円以上稼いでいる場合に行われることになってはいますが、会社によっては88,000円に満たない場合でも一斉に源泉徴収をしているところもあります。
給与明細を見れば、源泉徴収されているかどうかが分かりますので、自分が源泉徴収されているか分からない人は給与明細を見てみてください。


そして、源泉徴収されていて、年収が103万円の場合、確定申告をすれば、その税金は全て戻ってくるはずです。
「えっ、自分は103万円以上稼いでいるかも」そう思っている人でも、学生なら非課税になれる可能性があります。
当サイトの記事を読めばどうして非課税になるのかが分かります。
どうぞ最後まで読んでください。


≪注目情報≫
アルバイトを探す際に利用すると便利な求人サイトです => アルバイト 求人